筋トレがよくわかるブログ

すべての筋トレしている人を応援するブログ

便秘解消方法になるよ、筋トレは!便通改善に取り入れて

この記事をシェアする

f:id:syuhei-asahina:20170816014717j:plain

私は、中年トレーニーです。
ハンドルネームは、朝比奈宗平。
――朝比奈は、よく便秘をしていました。

子供の頃、ひどい便秘になり救急車で運ばれた経験まであります。
そんな朝比奈ですが、筋力トレーニング(以下、筋トレという)を始めてから便秘で苦しまなくなりました。

「筋トレと便秘って関係あるの?」

確かに筋トレと便秘って関係なさそうに思いますよね?
ところが、筋トレと便秘には、とても深い関係があるんです。 

そして、便秘の種類によっては筋トレで解消できる可能性がありますよ!
そのような訳で今回は、かんたんな便秘の説明と便秘に効く筋トレの紹介です。

どうして便秘になるの?

ところで、なぜ便秘になるんでしょう?
便秘の原因がわかれば、便秘の解消方法も自ずとわかると思いませんか?

実は便秘って、下記のようなことによって起こるんですよ。
それにしても便秘の原因は、とても多いですねえ。

▼便秘の原因
  1. 運動不足による代謝の低下
  2. 筋力の低下
  3. 薬の副作用
  4. 水分不足
  5. ストレス
  6. 食べ過ぎ
  7. 冷たい飲み物や食べ物の摂取
  8. 冷え性
  9. 下剤に依存している
  10. 便意を我慢する事が多い
  11. 食物繊維の不足
  12. 食事量の少なさ
  13. 腸内環境の悪化
  14. 病気が原因

 

筋力の低下は便秘の原因

そして、便秘の原因の2番目をご覧ください。
すると「筋力の低下」とあるでしょう?

でも、どうして筋力が低下すると便秘になるのでしょうか?
それは、筋力の低下によって腸の便を下に押し出す力が弱くなってしまうからです。
便を押し出すためには腸の力が必要不可欠。

そんな腸に力を込めるために腹筋の力が必要なんですよ。

つまり、腹部の筋力が低下すると便秘になるいう訳。
ちなみに運動不足の人や高齢者、そして産後すぐの女性、妊婦さんが便秘になりやすいのは、腹筋の筋力が低下しやすい状態だからです。

また腹筋の筋力が低下すると、大腸を支えることが困難になり、大腸が下に下がる大腸下垂になってしまいます。

この大腸下垂になってしまうと、大腸の張りはなくなって緩み、大腸の蠕動運動が正常に行われません。
そして便の排出が困難になり、便秘になるのです。

便秘解消になる筋トレ

筋力の低下が便秘の原因の1つだとわかったところで、次に便秘解消になる筋トレを紹介しましょう。
それらの内のスクワットと腹筋ローラー、そしてプランクは、実際に朝比奈が行っている筋トレです。

もしも筋トレをしたくないなら、階段の上り下りやウォーキングをするといいですよ。
これらの運動を日常生活に取り入れても便秘解消になります。

▼便秘解消になる筋トレ一覧
  1. クランチ
  2. シットアップ
  3. スクワット
  4. 腹筋ローラー
  5. ドローイン
  6. プランク

 

まとめ 

様々な原因でなる便秘。

実は、便秘の原因の1つに筋力低下があります。
薬を飲んだり食生活を改善したりしても便秘解消できない場合は、もしかすると腹筋の筋力の低下が原因かもしれません。

その場合、クランチやシットアップなどの腹筋を鍛える筋トレをすると、便秘解消になります。

朝比奈のおススメは、スクワットと腹筋ローラー、プランクです!

もしも筋トレをしたくないなら、階段の上り下りやウォーキングを日常生活に取り入れても便秘解消になりますよ。

以上で「便秘解消方法になるよ、筋トレは!便通改善に取り入れて」を終ります。