筋トレがよくわかるブログ

すべての筋トレしている人を応援するブログ

ダンベルでの筋トレによるマメの防止と対処法

この記事をシェアする

ダンベルでの筋トレによるマメの防止と対処法のアイキャッチ画像

  • 「ダンベルで筋トレしたら手にマメができちゃった!」
  • 「ダンベルによるマメの防止策はないの?」

 

こちらの記事は、そのような方に対して書いています。

 

ごきげんいかがですか?

 

筋トレ歴3年の中年トレーニー、朝比奈宗平です。

 

よろしくお願いします!

 

ところで、ダンベルで筋トレをして手にマメができていませんか?

 

もしくは手にマメができないかヒヤヒヤしていません?

 

大丈夫ですか?

 

もしもダンベルでの筋トレによるマメが気になるのであれば、防止策とマメができたときの対処法を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ダンベルでの筋トレによるマメの防止

ダンベルで筋トレをしても、手にマメができないようにする防止法は下記のとおりです。

 

  • きちんと栄養を摂る
  • ワセリンを塗る
  • グローブを履く

 

きちんと栄養を摂る

きちんと栄養を摂りましょう!

特にダイエット目的の人は気をつけてくださいね。

たんぱく質と脂質、ビタミンにミネラル、食物繊維をしっかり摂りましょう。

これらは体の部品や健康に大事なものです。

どれかが不足しても実は皮膚組織づくりに支障をきたします。

なので、きちんと栄養を摂りましょう!

そうそう、栄養を体内の隅々まで運ぶためにも水分補給を忘れずに!

ワセリンを塗る

ワセリンを塗りましょう!

ワセリンでダンベルの刺激から手の皮膚を守れます。

細かいことかもしれませんが、このような細かいことの積み重ねは大事ですよ。

グローブを履く

グローブを履くのもマメ防止になります。

ただし手にフィットするものを選んでくださいね。

ダンベルで筋トレをしてマメができたときの対処法

ダンベルで筋トレをして、マメができたときの対処法は下記のとおりです。

 

  • 清潔にする
  • 潰さない
  • 保護する
  • マメ防止法を行う

 

清潔にする

清潔にしましょう。

うっかりマメが潰れたとき、不潔にしていると細菌が入りやすくなります。

なので、こまめに手を洗ったり消毒したり、必ず清潔にしてください。

潰さない

マメを潰さないようにしましょう。

マメを潰すと痛いし、ばい菌が入るおそれがあるし、治りが遅くなります。

なので、マメを潰さないように気をつけてくださいね。

万が一マメを潰したら、先述のとおり清潔にして手当をしましょう。

保護する

マメを保護しましょう。

特にマメを潰すと痛みを伴うので、必ず絆創膏で保護してください。

マメ防止法を行う

先述のマメ防止法を併用しましょう。

特に栄養を摂ってくださいね。

きちんと栄養を摂らないと、何をしてもきれいになれません。

体の中からアプローチして、きれいを手に入れましょう!

まとめ

ダンベルで筋トレをすると、手にマメができます。

いったんできてしまうと、マメはなくなりません。

なので、普段からマメができないように気をつける必要があります。

特に筋トレを始めたばかりの女性は、今回紹介しました方法を活用してくださいね。

以上で「ダンベルでの筋トレによるマメの防止と対処法」を終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。