筋トレがよくわかるブログ

すべての筋トレしている人を応援するブログ

ダンベルの重さを変更するときに注意する5つのこと

この記事をシェアする

ダンベルの重さを変更するときに注意する5つのこと

  • 「ダンベルの重さを増やすの不安」
  • 「ダンベルの重さを変更するときに気をつけることって?」
  • 「ダンベルの重さを変更したら怪我をした」

こちらの記事は、そのような方に対して書いています。

 

私は筋力トレーニング(以下、筋トレという)歴3年の中年トレーニーです。

ハンドルネームは、朝比奈宗平。

私朝比奈は、2019年9月30日にダンベルの重さを変更したところ、注意を怠ったため右ひじに違和感を感じました。

ダンベルやバーベルの重さを変更するとき、いろいろと注意が必要です。

注意を怠ると朝比奈のように違和感を感じるだけでなく、怪我をして大事に至るケースもあります。

そのような訳で今回は、その際に朝比奈が、注意しておけばよかったと思ったこと、実際に行ったことに加えて、万が一怪我をしたときの対処法を紹介します。

 

ダンベルの重さを変更する際、参考にしていただけたら幸いです。

  • ダンベルの重さを変えるときに注意する理由
  • ダンベルの重さを変更するときに注意すること
  • 万が一怪我をしてしまったときの対処法

なぜダンベルの重さを変更するときに注意が必要なのか?

ダンベルの重さを変更するときは注意が必要です。

なぜなら生活するうえで支障をきたすからです。

例えば右手首を怪我したら物を持つにも、ひと苦労しますよね?

このようにダンベルの重さを変更する際に気を付けておかないと、日常生活に支障をきたしてしまいます。

 

  • 怪我をしやすいから
  • 筋トレできなくなるから
  • 仕事に支障をきたす
  • 床を傷つけるから

 

ダンベルの重さを変更するときに注意すること

ダンベルの重さを変更するときの注意することは5つあります。

それは空腹でしないこと、少しずつ重くすること、手首や肘などの関節に気をつけること、眠たいときや疲れているときは止めること、無理な体勢で持たないことです。

余談ですが、朝比奈が右ひじに違和感を感じたのは、無理な体勢でダンベルプレスを持ったからです。

  • 空腹でしないこと
  • 少しずつ重くすること(RM計算をする)
  • 手首や肘などの関節に気をつけること
  • 眠たいときや疲れているときは止める
  • 無理な体勢で持たないこと

 

万が一怪我をしてしまったら?

万が一怪我をしてしまったら、もしくは少しでも違和感を感じたら、すぐに幹部を冷やしたり手当をしたりしましょう。

ほったらかしするのは、怪我を悪化させる原因になります。

もちろん筋トレをしてはいけません。

  • アイシングをする
  • 手当をする
  • しばらく筋トレをしない
  • 病院にいく

 

まとめ

ダンベルの重さを変更するとき、注意を怠ると怪我のリスクが高まります。

例え増やす重さが少しだとしても油断してはいけません。

その油断が怪我をまねきます。

なので、ダンベルの重さを変更するときは、必ず注意して行いましょう。

以上で「ダンベルの重さを変更するときに注意する5つのこと」を終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

朝比奈です。
本ブログには、今回の内容に関連した記事が他にもございますので、併せてお読みくださいませ。

kintore-macho.hatenablog.com

kintore-macho.hatenablog.com

kintore-macho.hatenablog.com

kintore-macho.hatenablog.com

kintore-macho.hatenablog.com

kintore-macho.hatenablog.com