筋トレがよくわかるブログ

すべての筋トレしている人を応援するブログ

中年が筋トレを毎日するのはダメかもしれない

この記事をシェアする

中年が筋トレを毎日するのはダメかもしれないのアイキャッチ画像

  • 「中年は筋トレを毎日してもいいの?」
  • 「筋トレを毎日している人の話を聞きたい」

 

こちらの記事は、そのような方に対して書いています。

 

ごきげんいかがですか?

 

筋トレ歴3年の中年トレーニー、朝比奈宗平です。

 

よろしくお願いします!

 

ところで朝比奈は現在30日チャレンジ中なので、毎日筋トレをしています。

 

ところが、毎日同じ部位をしているため、その部位に負担がかかっているらしく少し違和感があります。

 

もしかすると中年が筋トレを毎日するのはダメかもしれませんね。

 

そのような訳で今回は、中年が筋トレを毎日するのはダメかもしれない理由を共有します。

中年が筋トレを毎日するのはダメかもしれない

中年の方が筋トレを毎日するのはダメかもしれない理由は下記のとおりです。

これは、あくまでも同じ部位を毎日筋トレした場合なので、部位を変えて行う場合には当てはまりません。

 

  1. 関節を痛めるおそれがある
  2. 疲労が残る

 

関節を痛めるおそれがある

中年の方が筋トレを毎日すると関節を痛めるおそれがあります。

30日チャレンジ中の朝比奈は、毎日25キログラムのダンベルを使ってスクワットをしているのですが、7日めに両ひざの関節に違和感がでました。

全ての人が朝比奈のように関節を痛めるとは限りません。

しかし運動不足の方が、いきなり毎日筋トレをすると朝比奈のように関節を痛めるおそれがあるのでご注意ください。

疲労が残る

中年の方が筋トレを毎日すると疲労が残るおそれがあります。

30日チャレンジ中の朝比奈は、腕立て伏せとスクワットを100回ずつをしています。

それまで日をあけて筋トレをしていたときと比べると、毎日のように疲労が残るようになりました。

これも全ての人が朝比奈と同じ結果になるとは限りません。

しかし、体力が衰えている中年が毎日筋トレすると、朝比奈のように疲労が残りやすいです。

お気を付けください。

まとめ

中年の方が筋トレを毎日すると、関節を痛めるおそれや疲労が残るおそれがあります。

そのため、中年の方は自分の体力に応じて筋トレをするスケジュールを決めた方がいいですよ。 

以上で「中年が筋トレを毎日するのはダメかもしれない」を終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。