筋トレがよくわかるブログ

すべての筋トレしている人を応援するブログ

無酸素運動

この記事をシェアする

無酸素運動とは、筋トレや短距離走のように短時間で強い負荷のかかる運動のこと。

断っておくが、運動中に呼吸をしていないから無酸素運動というのではない。

短時間で強い負荷のかかる運動は、筋肉を動かすエネルギーを産生するのにほとんど酸素を使わない。

これが無酸素性運動と呼ばれる所以だ。

 

上記の説明では物足りないという方は下記を読み進めていただきたい。

 

無酸素運動時のエネルギーの産生

筋を収縮させるためのエネルギーはアデノシン三リン酸(以下、ATPという)である。

常に筋にはATPが蓄えられており、急な運動によってエネルギーが必要になってもすぐに使えるようになっている。

しかし、筋に蓄えられているATPの量には限りがあり、枯渇しやすい。

そのため、運動を続けるためには筋肉中のグリコーゲンや血液、そして肝臓に蓄えられたブドウ糖を使って新たにATPを作り出す。

 

このATP産生時に酸素を使うのだが、体内に取り込まれる酸素量が少なくてもATPを作り出すことは可能だ。

このように作り出されたATPを利用して運動することを無酸素運動という。

ちなみに酸素が少ない状態でATPをつくる際に乳酸も産生される。

 

ただし、高強度の無酸素運動を続けられる時間は1から3分程度しかないので、さらに運動を続ける場合には十分な酸素が必要となる。

 

 

無酸素運動の効果

 

代表的な無酸素運動と言えば、筋力トレーニング(以下、筋トレという)だ。

無酸素運動イコール筋トレと思っていただいてもいいだろう。

その筋トレには筋肉量や筋力、筋持久力、筋パワーを増加することができる。

また筋トレを継続すれば、サルコペニア肥満やメタボなどの予防も可能である。

 

 

このように無酸素運動である筋トレは健康や体力と密接な関係があるため、それらを維持するうえで欠かせないものと言えるだろう。

無酸素運動の種類

  1. 筋トレ
  2. 短距離走
  3. 中距離走
  4. 投擲
  5. 重量挙げ

関連記事