筋トレがよくわかるブログ

すべての筋トレしている人を応援するブログ

カーフレイズ

この記事をシェアする

カーフレイズのアイキャッチ画像

  • 「カーフレイズのやり方を知りたい」

 

こちらの記事は、そのような方に対して書いています。

 

そして、カーフレイズのやり方を説明するのは筋トレ歴3年の中年トレーニー、朝比奈宗平です。

 

よろしくお願いします!

 

こちらの記事でカーフレイズのやり方を学ぶと、ふくらぎの筋肉を鍛えられるだけではなく、ふくらはぎの痙攣(足がつる状態)を防ぐことができますよ。

 

ぜひ最後までお付き合いください。

カーフレイズのやり方 

カーフレイズのやり方のイラスト

カーフレイズのやり方は下記のとおりです。

なお目的に応じた回数とセット数を行ってください。

 

  1. 足を肩幅に開く
  2. つま先を真っすぐ前に向けて立つ
  3. ゆっくり踵を上げ下げする
  4. 手順3.を繰り返す

 

カーフレイズの注意点

一見簡単そうなカーフレイズですが、侮るなかれ。

 

油断していると大きな怪我をするはめになります。

 

カーフレイズをしたことのない方や筋トレ初心者の方は、最初のうち壁の近くで壁に向かって行ったり、いすの背もたれに手を添えて行ったりしてください。

 

そうすれば転倒防止になりますよ(筋トレ本で椅子を使っている写真があるのは、そのためです)。

 

またカーフレイズに慣れるまではダンベルやバーベルを使わないでくださいね。

 

なぜなら、ふくらはぎの疲労よりも先に握力がなくなるからです。

 

無理してカーフレイズをしてダンベルやバーベルを落としたら災難にあいます。

 

必ずカーフレイズに慣れないうちは、ダンベルやバーベルを使わないようにしましょう。

まとめ

カーフレイズは踵を上下するだけの地味で、ひょいひょいできる筋トレです。

 

しかし、油断していると怪我をするので気をつけてくださいね。

 

最初のうちは、できるだけ壁の近くや椅子を使ってカーフレイズをしましょう。

 

そして足を細くしたい女性は、カーフレイズをしすぎると逆にふくらはぎが太くなりますよ。

 

ほどほどにしてくださいね。

 

以上で「カーフレイズ」を終わります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。