筋トレがよくわかるブログ

すべての筋トレしている人を応援するブログ

筋トレにおけるチーティングの意味を教えてください

この記事をシェアする

ハンドルネーム、ズルしたくないさんからの質問。

 

「突然ですが、筋トレ用語にチーティングってありますよね? あれって具体的にどんなものなんですか? 教えてください」

 

ズルしたくないさん!

 

そんなときは「助けてボキャブライダー!」て叫ぶといいですよ。

 

すると浜辺美波さんが助けてくれます!

 

2019年12月23日夕方4時、あらためまして筋トレ歴3年の中年トレーニー、朝比奈宗平です。

 

よろしくお願いします!

 

浜辺美波さん、素敵ですよね? 

 

声がいいですよね?

 

演技力が飛び抜けていますよね?

 

はい?

 

「朝比奈さんて、いろんな女性の話をするよね? もしかして浮気性? 恋人に言いつけるぞ」ですって?

 

朝比奈は決して浮気性じゃありませんよ!

 

キレイな声の女性が好きなだけです。

 

エッヘン! 

 

そのような訳で今回は「筋トレにおけるチーティングの意味を教えてください」と題しまして下記の内容でお送りします。

 

  1. チーティングの意味
  2. チーティングの必要性

 

毎日夕方4時、はてなブログをキーステーションに全国50局ネットでお送りしている朝比奈宗平の筋トレがよくわかるブログ、今日も最後までお付き合いよろしくお願いします!

 

 

朝比奈宗平の筋トレがよくわかるブログ。

このブログは50名の優しい読者の方に支えられてお送りします。

 

チーティングの意味

毎日夕方4時は、朝比奈宗平の筋トレがよくわかるブログ。

リアルタイムで筋トレがよくわかるブログを読めない、あなた!

24時間エニタイムでトレーニングするみたいに、筋トレがよくわかるブログを読みたいあなた!

今すぐ読者登録もしくはツイッターで朝比奈宗平をフォローしましょう。

そうすれば、筋トレがよくわかるブログを都合のいい時間に読んでいただくことができるようになります!

 

読者になる

 

チーティングとは鍛えたい筋肉以外を使うという意味の筋トレ用語です。

 

もともとチーティングには、不正行為や浮気性という意味があります。

 

「鍛えたい以外の筋肉を使って不正をする」のでチーティングと言われるようになりました。


ところでチーティングは、極力負荷を逃がさず最小限の反動を利用するテクニックの意味としても使われています。

 

はい?

 

「まるでボキャブライダーの浜辺美波さんみたいな説明」ですって?

 

ありがとうございます。

 

「だけど浜辺美波さんの声がいい」ですって?

 

確かに朝比奈もそう思います。

 

浜辺美波さんの声って心地よいですものね。

チーティングの必要性

ここからはおまけ。

 

本来、重いものを持ち上げるときに体の反動や重心移動を使い、できるだけ楽をして行おうとするのが人間の性質――チーティング――ですが、筋力トレーニング(以下、筋トレという)にも必要なときがあります。

 

なぜなら、チーティングによって筋肉の限界を超えて鍛えることができるからです。

 

例えばダンベルカールをしていて、もうこれ以上無理だというところまで持ち上げたとき、あらかじめ曲げておいた膝を伸ばす反動を使えば、ダンベルを持ち上げられますし、腕にかかっている負荷をほとんど逃がすしません。

 

このように筋肉が限界に達してもチーティングを使えば、さらに刺激を筋肉に与えることができます。

 

ただし、常に体をそらしたり反動を使ったりするのはテクニックとしてのチーティングではありません。

 

それは、ただ楽しているだけなので気をつけてくださいね。

効果的にチーティングを行うには?

効果的にチーティングを行うには、まずストリクト――反動を使わず正しいフォームで鍛えたい筋肉だけに負荷をかけること――を覚えた方がいいでしょうね。

 

なぜなら正しいフォームを理解しないままで、チーティングを行っても正しく筋肉を追い込むことができないからです。

 

筋トレは意識性の原則にのっとって行わければなりません。

 

そのため、正しいフォームを習得することは大前提なんです。

 

そのうえでチーティングを行えば、効果的に狙った筋肉を鍛えることはできますよ。

 

しかし、そうでない場合にチーティングをしたとしても、狙った筋肉にきちんと刺激を与えられず、いつまでたっても思ったような効果を得られません。

 

そうならないためにも、筋トレをストリクトで行うことを身に付けなければならないのです。

 

ところで、筋トレをストリクトで行うことは怪我の予防にもなります。

 

なぜなら、ストリクトで行うということは肩や肘などの関節を痛めないような姿勢や動作で行うことだから。

 

もしもストリクトを身につけず、チーティングをすれば関節を痛め、いずれ怪我をするでしょうね。

 

そうならないためにもストリクトを身につけておきましょう!

ダンベルを使い始めた頃一時期だが、朝比奈には重さにこだわってチーティングをした経験があります。

 

しかし、筋肉や筋力も増えず右手首を痛めただけでした。

 

重さにこだわりたい気持ちもわかりますが、慣れないうちはチーティングをせずストリクトで行う方が絶対いいですよ。

 

チーティングをするのは上級者になってからでも遅くありません。

まとめ

チーティングとは鍛えたい筋肉以外を使うという意味の筋トレ用語です。

 

またチーティングは、極力負荷を逃がさず最小限の反動を利用するテクニックの意味としても使われています。

 

ただし、正しいフォームを身につけないでチーティングをしても意味はありませんよ。

 

気をつけてくださいね。

 

以上で、「筋トレにおけるチーティングの意味を教えてください」を終ります。

 

筋トレがよくわかるブログ、お相手は朝比奈宗平でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

バイバイ。

 

朝比奈宗平の筋トレがよくわかるブログ。

このブログは50名の優しい読者の方に支えられてお送りしました。

 

 

※今回の記事に登場する質問者と団体と設定はフィクションです。そのため実在する人物・団体と一切関係ありません。

関連記事

朝比奈です。

本ブログには、今回の内容に関連した記事が他にもございますので、併せてお読みくださいませ。

www.kintore-yokuwakaru.com

www.kintore-yokuwakaru.com