筋トレがよくわかるブログ

すべての筋トレしている人を応援するブログ

テストステロンとは筋トレの効果を上げる筋肉にいいモノ

この記事をシェアする

テストステロンとは筋トレの効果を上げる筋肉にいいモノ

  • 「テストステロンて何?」
  • 「テストステロンは筋肉にいいって聞くけど」

 

こちらの記事は、そのような方に対して書いています。

 

そして、テストステロンを紹介するのは、最近「テストステロン、ドバドバ」という言葉がお気に入りの筋トレ歴3年の中年トレーニー、朝比奈宗平です。 

 

こちらの記事を読むと、筋トレで効果を得るきっかけをつかめるかもしれませんので、最後までお付き合いいただけると幸いです。 

テストステロンとは筋トレの効果を上げる筋肉にいいモノ

テストステロンとは、「おう。お疲れ。俺だ」と語りかけてくる、筋トレで全てを解決する方のことです。

 

 

 

スッパーン!!!!!!

 

 

 

いたたた。

 

はい?

 

「それはテストステロン違い」ですって?

 

いたたた。

 

しかし、テストステロンについてはウィキペディアでも紹介されていますし、ハヤヒロさんがブログで何度も紹介されていますし、もう説明する必要なんてないでしょう?

 

それにこちらのテストステロン(さん)も筋肉にいいのは間違いではありませんし。

 

はい?

 

「なおさら認知度の高いテストステロン氏を紹介する意味なんてない」ですって?

 

それは、わかりませんよ。

 

なぜなら、テストステロン氏のツイッターのフォロワー数は約93万人(2019年11月24日現在)ですし、著書の累計部数は50万部。

 

それに対して日本の人口は1億2618万人(2019年11月現在、総務省統計局)です。

 

ほら、テストステロン氏を知らない人の方が多いと思いませんか?

 

なので、今回テストステロン氏を紹介しようと思ったんですよ。

 

ちなみに男性ホルモンのテストステロンは下記のとおりです。

 

テストステロン(testosterone)は、アンドロゲンに属するステロイドホルモンで、男性ホルモンの一種。

 

引用元:ウィキペディア「テストステロン」

 

で、男性ホルモンのテストステロンの分泌を増やす方法は下記のとおりです。

 

  1. 体脂肪を落とす。
  2. 食生活を見直す。
  3. サプリメントを摂取する。
  4. ストレスを回避する。
  5. 日光を浴びる。
  6. 規則正しく睡眠する。

引用元:ホルモン力が人生を変える「筋肉ホルモン「テストステロン」をドバドバ分泌させてマッチョになろう」より

 

さらにテストステロンが減少すると下記のようなことが起こります。

テストステロンを増やせない、または維持できない中年男性には悲しい未来が待っているようです。

 

  • ED
  • おばさん体形になる
  • 更年期障害

 

本題に戻ります。

テストステロン氏とは「筋トレで夢を叶える」や「ストレスゼロの生き方」を書いていらっしゃる、とある企業の社長です。

「筋トレで全てを解決する」という考えに賛同するテストステロン氏のツイッターのフォロワー数は約93万人。

 

毎日ツイッターで筋肉だけでなく仕事や人生に役立つ情報を発信されています。

下記はテストステロン氏のツイートの一例。

 

 

たくさんの方がテストステロン氏を支持するのは、その内容や熱心さによるものではないでしょうか?

もしも筋トレやダイエット、仕事、人生で行き詰っているなら、一度テストステロン氏のツイートを読まれてみるといいかもしれませんよ。

いずれにしてもテストステロンは人にいい!

テストステロン氏と男性ホルモンのテストステロン。

いずれにしても我々の体にいいようです。

 

言い忘れていましたが、男性ホルモンのテストステロンは下記の方法で増えます。

 

  • ストレスを溜めないように定期的に発散する
  • 筋肉トレーニングを続ける
  • タンパク質充分補給する
  • 質の高い睡眠をしっかり摂る
  • アルコールの摂取を控える
  • ビタミンDや亜鉛を摂取する
  • 綺麗な女性と会話をする

 

ストレスが溜まりそうになったら、テストステロン氏のツイートやブログ、著書を読んで発散するといいかもしれません。

そして、他の方法と併用してテストステロンをドバドバ増やして、いつまでも男らしいままでいましょう!

 

以上で「テストステロンとは筋トレの効果を上げる筋肉にいいモノ」を終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

朝比奈です。

本ブログには、今回の内容に関連した記事が他にもございますので、併せてお読みくださいませ。

www.kintore-yokuwakaru.com