筋トレがよくわかるブログ

すべての筋トレしている人を応援するブログ

ウォーキングのダイエット効果【4か月で10kg痩せた体験談つき】

この記事をシェアする

ウォーキングのダイエット効果【4か月で10kg痩せた体験談つき】

  • 「ウォーキングのダイエット効果について詳しく知りたい」
  • 「ウォーキングダイエットの効果的な方法を知りたい」
  • 「ウォーキングダイエットの体験談を聞きたい」

こちらの記事は、そのような方に対して書いています。

疑問にお答えするするのは、筋力トレーニング(以下、筋トレという)歴3年の朝比奈宗平です。

実を言うと朝比奈には、7年前ウォーキングダイエットをして、4か月で62キログラムから52キログラムまで痩せた経験があります。

 

その証拠画像がこちら。

 

ウォーキングのダイエット効果の証拠「朝比奈の体重」

 

さらにもう一枚。

 

ウォーキングのダイエット効果の証拠「朝比奈の内臓脂肪」

 

これらの画像は2014年7月28日のもので、別ブログの記事「歩いて痩せた朝比奈が、歩くダイエットの効果を検証してみます。 - 知ッタメ!」に掲載しているものです。

つまり2年間リバウンドすることなく、体重をキープしていたということになりますね(この後ガリガリすぎるのが嫌で筋トレを始めるのですが、それはまた別のお話)。

 

このように朝比奈は、ウォーキングのダイエット効果の体験者なのです。

少々前置きが長くなりましたが、こちらの記事では朝比奈の体験を活かして、ウォーキングダイエットの効果のほんとうを詳細に解説しています。

 

これから痩身や減量に挑戦されるのであれば、この機会にぜにお読みください。

  • ウォーキングのダイエット効果
  • なぜウォーキングにはダイエット効果があるのか?
  • ウォーキングのダイエット効果をアップする方法
  • ウォーキングダイエットの注意事項
  • ウォーキングのダイエット効果はいつから表れる?
  • ウォーキングしても痩せない理由
  • ウォーキングは何時間するといいのか?
  • ウォーキングの効果的な時間帯
  • ウォーキングする時間がない場合の対処法
  • ウォーキングとランニングの効果の違い
  • ウォーキングダイエットをするときの食事
  • ダイエットを続ける方法
注意

本記事では便宜上、痩身減量の意味でダイエットという言葉を使っています。

あしからずご了承ください。

なお痩身や減量、ダイエットの意味については下記で詳しく説明しております。

お手数ですが、そちらをお読みください。

ウォーキングのダイエット効果

ウォーキングにダイエット効果はあります。

それでは、どれくらいダイエット効果があるのか実際に計算してみましょう。

 

例えば体重60キログラムの人が、分速67メートルでウォーキングを1時間した場合、26.25グラム痩せることができます。

 

「なんだ、たったの26.25グラムじゃん」

 

確かに1日1時間歩いて26.25グラムだと少なく感じますよね?

それではこれならどうでしょう。

同じ条件で1か月歩いた場合だと約787グラム痩せることができ、半年歩いた場合だと約4.7キログラムも痩せることができます。

 

このように1日当たりい減る重さはわずかでも継続すれば、かなり体重を減らすことができるのです。

もちろん、これは計算上の話です。

また1日あたりの摂取カロリーが、1日当たりの消費カロリーよりも多いと、計算どおりに痩せません。

 

しかし、きちんとした食事管理のもとウォーキングを続ければ痩せることができます。

 

ちなみに消費カロリーと落ちる体脂肪の量は、体重により変動します。
ご自身の数値を知りたい方は、高精度計算サイトさんの「ウォーキングの消費カロリーの計算」で、60分間あたり歩いた場合の消費カロリーを計算してみてください。

なぜウォーキングにはダイエット効果があるのか?

なぜウォーキングをすると痩せることができるのでしょうか?

それはウォーキングが有酸素運動だからです。

有酸素運動には体内の糖質や脂質をエネルギーに作り変える働きがあります。

つまり有酸素運動であるウオーキングには、体内の糖質や脂質をエネルギーに作り変える作用があるため、ウォーキングをすると痩せることができるのです。

 

有酸素運動をすると、体内の糖質や脂質をエネルギーに作り変える。

 

本ブログ:有酸素運動より

 

 

 

ウォーキングのダイエット効果をアップする方法

ウォーキングのダイエット効果をアップする方法は5つあります。

それはウォーキング前にコーヒーを飲むこと、きちんと食事管理すること、筋トレと併用すること、最初に減量の計画をたてること、コンプレッションウエアを着ることです。

これらの方法を併用すると、ウォーキングダイエット効果をアップすることができます。

 

  1. ウォーキング前にコーヒーを飲むと効果的
  2. きちんと食事管理をする
  3. 筋トレと併用する
  4. 最初に減量の計画をたてる
  5. コンプレッションウエアを着る

ウォーキングダイエットの注意事項

ウォーキングダイエットの注意事項は下記のとおりです。

いずれも健康にかかわる大事なことなので、必ず守るようにしてくださいね。

でないと体を壊しちゃいますよ。

朝比奈なんか筋肉量がめちゃくちゃ減りましたからね。

そうなってから後悔しても遅いですよ。

  1. 雨の日はジムのランニングマシンで
  2. 朝起きてすぐしない
  3. 筋肉量が減るので増量中にしない方がいい
  4. 空腹でしない(歩く2時間前に食事)
  5. 極端な食事制限をしてはいけない
  6. 寝る前にしてはいけない(まじ眠れなくなる)
  7. 水分補給をすること
  8. 長時間しない

ウォーキングのダイエット効果はいつから表れる?【Q&A】

初日から。

先述のとおり体重60キログラムの人が普通の速度で60分間歩いた場合、消費カロリーは189カロリーで落ちる体脂肪は26.25gです。

このように体重計の数値や見た目で変化を確認できませんが、効果は初日から表れています。

ダイエットは中長期続けなければ、体重計の数値や見た目に大きな変化は表れません。

あせらずじっくり取り組んでください。

もちろん1日当たりの消費カロリーよりお摂取カロリーが上回っていると効果はありません。

ウォーキングしても痩せないよ?【Q&A】

ウォーキングをしてダイエット効果を得られない原因は2つあります。

それは1日当たりの消費カロリーよりも1日当たりの総摂取カロリーの方が多い場合、ウォーキングのボリューム(ウォーキングの時間当たりの消費カロリー×時間×回数)が足りない場合です。

現在のウォーキングのボリュームが少なくても回数を重ねるうちにだんだん痩せていきます。

しかし、そうでないなら食事に問題があるので、食事を見直されることをおすすめします。

ウォーキングは何時間するといいの?【Q&A】

1回あたり45分未満。

1回当たり45分以上するのは、おすすめできません。

なぜなら45分以上ウォーキングをすると、筋肉が分解されて減ってしまうからです。

もしもウォーキングを1回あたり45分以上したい場合は、数回に分けて行ってください。

ウォーキングの効果的な時間帯は?【Q&A】

朝夕夜。

ただし寝る前に歩くのは止めてください、眠れなくなるので。

朝比奈は寝る前にウォーキングをして、眠れない夜を何度も過ごした経験があります。

睡眠不足になるので、寝る前のウォーキングはしないでください。

ウォーキングする時間がないよ【Q&A】

つくってください。

どうしても無理な場合、仕事中に歩く、または歩く仕事をしましょう。

ウォーキングとランニングの効果の違いは?【Q&A】

単なる運動強度の違いです。

もちろんランニングの方がしんどいです。

一度、ランニングを試したことがあるのですが、しんど過ぎて朝比奈は2日も続きませんでした。

走るのが苦手であれば、長続きするウォーキングを選びましょう。

ずっと楽ちんです。

ウォーキングダイエットをするときの食事を教えて?【Q&A】

ウォーキングを始める前の1か月間は、食事の内容と体重を記録してください。

その間の体重の推移がマイナス1キログラムからプラス2キログラムであれば、食事制限をする必要はありません。

ウォーキングだけで大丈夫です。

しかし体重が増えているようであれば、食事の内容もしくは量に問題がありますので、食事制限をしてください。

その際、食事を抜いたり偏った食事をしてはいけません。

必ず先述の食事のしかたを守って食事制限してください。

 

そうそう、肝心なことを言い忘れていました。

食事は必ず1日3食摂りましょう。

ウォーキングダイエットのデメリットは?【Q&A】

ウォーキングダイエットのデメリットは下記の8つです。

 

特にお手洗いと遠くまで行くのは気をつけてください。

朝比奈の経験上、お手洗いを先に済ませておかないと、ほんとうに困ります。

幸い朝比奈のウォーキングコースにはコンビニがあったので、事なきを得ました。

しかし、これは地方の話。

都市圏の方はウォーキング前に必ずお手洗いに行ってくださいね。

 

それから張り切り過ぎて遠くまで行っちゃうと、帰り道がしんどいですよ。

時間と距離の配分も気をつけましょう。

  1. 足にマメができる
  2. 筋肉量が減少すること
  3. 夜間にするのは危ない
  4. 夏は暑いし冬は寒い
  5. 遠くまで歩くと帰り道がしんどい
  6. お手洗いに困る
  7. 見た目で効果を確認できるまでにある程度の期間がかかる
  8. ウォーキングダイエットだけだと痩せてもスタイルはよくならない

ダンベルは必要?【Q&A】

どちらでも構いません。

別になくても二の腕も痩せますよ。

それからダンベルを持って歩くのって、まあまあ恥ずかしいですよ。

ダイエットが続いた試しがない【Q&A】

ダイエットが続いた試しがないのであれば、本ブログの記事「筋トレを継続するコツがわかる記事のまとめ」や「ダイエットや筋トレが続かない本当の理由を知りたいですか?」をお読みください。

ダイエットを継続する方法を詳しく紹介しています。

まとめ

ウォーキングにはダイエット効果があります。

なぜならウォーキングが有酸素運動だからです。

有酸素運動には体内の糖質や脂質をエネルギーに作り変える働きがあります。

有酸素運動であるウオーキングには、体内の糖質や脂質をエネルギーに作り変える作用があるため、ウォーキングをすると痩せることができるのです。

 

ところで、ウォーキングダイエットには守らなければいけない注意事項があります。

いずれも健康にかかわる大事なことです。

必ず守るようにしてください。

 

なお痩身や減量、ダイエットを行うには正しい知識が必要です。

知識を伴わない痩身、減量、ダイエットは健康を損なってしまいます。

痩身や減量、ダイエットを行う際は、必ず医師や専門家の指導のもと行ってください。

大事なことなので、もう一度言いますね。

痩身や減量、ダイエットを行う際は、必ず医師や専門家の指導のもと行いましょう。

以上で「ウォーキングのダイエット効果【4か月で10kg痩せた体験談つき】」を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

朝比奈です。
本ブログには、今回の内容に関連した記事が他にもございます。
よかったら、併せてお読みくださいませ。

kintore-macho.hatenablog.com

kintore-macho.hatenablog.com

kintore-macho.hatenablog.com

kintore-macho.hatenablog.com

kintore-macho.hatenablog.com

kintore-macho.hatenablog.com

kintore-macho.hatenablog.com

kintore-macho.hatenablog.com